グルメ グルメ

グルメ

北前船の時代から、海と向き合い続ける天売・焼尻の漁師たち。
ウニは禁漁区を設け、育てながら漁を続けてきた。
育ったウニのみを一つづつ箱メガネで確認してヤスでとる。
今も昔も変わらない漁法で資源を守りながら、美味しい幸を届けます。

天売島のアイコン

天売島

グルメの写真
  • ウニを楽しむ
  • タコを味わう
  • 羽幌シーバードフレンドリー認証
  • ウニを楽しむ

    生ウニは、やっぱりご飯と共に食べるのが美味い。塩ウニはお酒の肴にたまらない。獲れたウニを大胆に殻ごと焼き上げて、蒸し焼きにする焼きウニ。
    こんな贅沢の仕方もここならでは体験。

  • タコを味わう

    天売で通年採れるミズタコ。新鮮な歯ごたえと噛むほどに染み出す甘みは、バーベキューで焼くと味がギュッとしまります。刺身も美味しいが、タコカレーは味わいが深く、これも美味しい。帰りに漁港の直売所で買っていこう。

  • 羽幌シーバードフレンドリー認証

    北るもい漁業協同組合は、羽幌シーバードフレンドリー認証制度を受けています。海鳥の混獲を回避するため、国際的な自然保護団体や日本野鳥の会と連携した混獲防止漁網の導入実験への協力や、森と海のつながりを意識した魚を育てるための植樹活動、海岸に漂着するプラスチックごみを中心とした海岸清掃などを行っています。

焼尻島のアイコン

焼尻島

グルメの写真
  • 島の昆布
  • 幻のめん羊
  • 島の昆布

    良質のウニのエサとなる昆布。島の原生林から流れるミネラルを含む水が海に流れ、昆布を育てます。
    海の冬は陸上で言う夏」と言われます。
    海藻類は高温が苦手。冬になると海藻は育ち盛りです。
    食べても美味いワケはここにありました。

  • 幻のめん羊

    プレサレめん羊に匹敵する焼尻のめん羊。潮風を浴び育つミネラル豊富な牧草を食べ、外敵のいないストレスフリーな環境で育つサフォーク種は脂肪分や臭みの少ない最高の肉質と思います。頭数が少なく幻のめん羊と言われ、一部の高級レストランと羽幌町(時期限定)と焼尻の島っこ食堂で食べることができる。

Information

各種情報

羽幌観光協会
北海道苫前郡羽幌町南町1番地の1 羽幌町役場内
TEL:0164-62-6666
FAX:0164-62-6666

羽幌シーバードフレンドリー推進協議会
事務局:北海道海鳥センター
TEL:0164-69-2080

FAQ

よくある質問

矢印アイコン 矢印アイコン

Contact

お問い合わせ

矢印アイコン 矢印アイコン

Access

アクセス

矢印アイコン 矢印アイコン