天売島の冬 天売島の冬

天売島の冬

冬型低気圧の影響により暴風が吹き荒れ、厳しい荒波が海上を白く染める冬の日本海。
1日1便のフェリーは、欠航することが少なくない。
荒波を超え、晴天に恵まれたとき、青い海・空に囲まれ雪化粧をした島の姿を見ることができる。
雪面を散策して、島の大自然を満喫しよう。

天売島の冬の写真
  • 釣り!釣り!釣り!
  • 冬の観音岬展望台
  • ぶつかり合う波濤
  • 冬に訪れる海獣たち
  • 釣り!釣り!釣り!

    足元を覗くと、魚の影がみえる。煮つけ・味噌汁にしておいしいガヤ(エゾメバル)だ。釣れたー!喜びの声が聞こえる。ググッ!重いっ!オウゴンムラソイだ。漁港で働く漁師たちと、釣りに夢中なこどもたち。厳しい冬の環境でも、恵まれた海の幸が人と人を繋ぐ時間を与えてくれる。

  • 冬の観音岬展望台

    一面雪で覆われた島をスノーシューで散策すると葉の落ちた木々にとまる鳥たちの活動が見えてくる。踏み荒らされていない雪原を自分の思い通りに歩くことができるあなただけのキャンパス。

  • ぶつかり合う波濤

    世界三大波濤の一つに上げられる留萌が本土の羽幌から約50km南下にある。島の最も北にあたるゴメ岬灯台は、悪天のとき、吹き荒れる風・波により一面が白波に染まるほどの厳しい光景を表す。

  • 冬に訪れる海獣たち

    魚を追ってやってくる海の野生動物、アザラシ。海が凪いでいる時は岩場で日向ぼっこする姿を見かけることができる。冬の日本海の恵みは野生動物と人の両方に行き渡るほど、豊かな海がここにある。

FAQ

よくある質問

矢印アイコン 矢印アイコン

Contact

お問い合わせ

矢印アイコン 矢印アイコン

Access

アクセス

矢印アイコン 矢印アイコン
羽幌観光協会
北海道苫前郡羽幌町南町1番地の1 羽幌町役場内
0164-62-6666